ニュース

HOME > NEWS一覧 > NEWS詳細

NEWS詳細

2017年6月14日

慶應義塾大学PEARLプログラムで特別授業


Programme in Economics for Alliances, Research, and Leadership(以下PEARL)とは、
2016年に慶應義塾大学経済学部に創設された新しいプログラムです。
約100名の学生が、9月から4年間英語で授業を受けて卒業するものです。


そのプログラムのカリキュラムの一部である
English Academic Skillsの特別授業として、
理事長 田村次朗は6月7日(水)と6月14日(水)の二回に分けて
交渉学の授業をPEARL1期生に行いました。

6月7日に講義を行い、14日には学生に模擬交渉を実践。
授業は全て英語で行われました。


生徒は海外経験者がほとんどということもあって、
対話に対して非常に意識が高い様子が見受けられました。

授業を受けた生徒からは、
「今までの一方的な講義型授業とは違い、
私たちにとってとてもアクティブな授業で刺激的だった。」
という声が聞かれました。


※9月29日(金)には同じPEARLのクラスに
 グループダイナミックスの授業を行う予定です。

←NEWS一覧

お問い合わせ
最新ニュース